スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たぶん

「今、北海道でテロやってるでしょ。」
「???...」
「それって、サミットのこと?」
たぶん、妻は幸せになれる条件を備えているんだと思う。

灯を消してのちの水中花を知らず 佐藤文香

スポンサーサイト

厄年

厄年の件で同級生があつまる。
みんな年取ったなあ。
ハゲも白髪もいる。
金髪もいたけど...。
ピンサロ経営なんてのもいた。

月天心貧しき町を通りけり 蕪村

地下鉄

息子を連れて東山動物園へ。
電車好きの息子を地下鉄に乗せると
「真っ暗で何にも見えない~。」と不満気味。
なるほど。
sai

父ありき書物のなかに春を閉ぢ 修二

暇にまかせて

kkky6

こんなことしてます。

雛あられ両手にうけてこぼしけり 万太郎

だんだん

妻は毎日布団を干す。
「そんなに毎日干さなくても。」と言うと、
「あんたの臭いが付いてるから。」と。
そうやってだんだん本物のオヤジになって行く...。
サラリーマン川柳にでも応募しようか。

飯田龍太氏死去の記事が新聞の一面に。
「え~っ!?まだ生きてたんだ。」
などと不謹慎にも。

春の鳶寄りわかれては高みつつ  龍太

そういうもの

花粉症とは縁がないと思っていたが。
朝から鼻と喉がぐずぐずする。

親父の希望で、今までに作った親父の俳句をあつめてパソコンに打ち直している。
親父はどこかに所属したり投句したりすることなく自分勝手に作っている。
ものすごい量だがほとんどは笑っちゃうような句。
「俳句はいいなあ。句を見れば作ったときの情景がすぐに目に浮かぶ。」
「このときの酒はうまかったなあ~。」
などと一人で回想して喜んでいる。
本来、そういうものなのかもしれない。

其角忌やあらむつかしの古俳諧 霞村

佐久島

rrr

今日は朝から佐久島へ。
三河湾で一番大きな島ではあるが産業もなく観光開発もされなかったためタイムスリップしたような昔の景色がそのまま残っている。
126ghh

人口は100人に満たない。
ほとんどが高齢者だがここ数年、リタイア世代のIターンというのでここへ移り住む人が多いとか。
eee3

時間が止まったような雰囲気はのんびりするにはもってこいの場所。
662ertey

食堂「ゆきや」で店主おすすめのカキ丼とビール。

春の海ひねもすのたりのたりかな  蕪村

地球人

rrrrrrr3

息子のウルトラマンの本に登場した怪獣ケプルス。

うつくしい ほしぞらをよごす
ちきゅうじんを こらしめるために
うちゅうから ケプルスが
やってきた

とある。
ウルトラマンが本当にやっつけなければならないのは地球人か。

亀鳴くや皆愚なる村のもの 虚子

リンク
ブログ内検索