スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一等賞

じじばばも総出でチビの運動会の応援。
やった!一等賞!

蓑虫のちちよと鳴くを聞かまほし 立子
imasert.jpg

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

今日のお気に入り

今朝、洗濯かごの中にはいったままずっと出てこないチビ。
「ここがいいーのー。」と言って動かない。
真剣にテレビを見ている。
おとなしくしてるからまあいいか。
明日は運動会。

鶏頭に秋の日のいろきまりけり 万太郎

FC2 Blog Ranking
yuda4.jpg

テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

誕生日

誕生日である。
だから何、ということはいが。
だんだん本物のオッサンになってゆく。
今流行のちょい悪オヤジ?
渋くて重みのあるオジサマ?
ま、そんなことを気にしている時点でダメなんだろう。
トホホ。

をりとりてはらりとおもきすすきかな 蛇笏

FC2 Blog Ranking

テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

コンクール

納得のいかない句もある。
まだまだ推敲の余地のある句も。
だが、しかたがない。
これが今の精一杯。
原稿用紙に50句清書した。
いろいろ悩んで50句作った、というだけでも勉強になったと思う。
明日、我が39回目の誕生日に投句するとしよう。

行先に都の塔や秋の空  太祇

seta5.jpg

FC2 Blog Ranking

テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

休日

今日は休日。
なのに午前中は歯医者と皮膚科。
午後からは名古屋に出て仕事の打ち合わせ。
妻は朝からエステ。
よろしいですなぁ。

秋風や模様の違ふ皿二つ 石鼎

VFSse6awya5yae.jpg

FC2 Blog Ranking

テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

コンクール

コンクールに出す為に50句。
いままで二句一組、三句一組というのには出したことはあるが...。
気の遠くなるような数だ。
せっかく出すんだから一生懸命やろうと。
しかし、真剣になればなるほど訳がわからなくなってきた。
締め切り間近。

芒原言葉で撫でてばかりゐる 道夫

man1678.jpg

FC2 Blog Ranking

テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

こまっちゃくれずま

20060924072227
梅津和時率いる「こまっちゃくれズマ」。
ロシア民謡風、トルコ風ありのチンドン屋サウンド。
チビもノリノリ(またもや死後?)の一夜でした。
FC2 Blog Ranking

おお!

おたふくかぜの治ったチビを連れて公園へ。
鉄棒につかまらせるとストンと上手に着地する。
「おお!出来るじゃないか。」
それではと、隣の高い鉄棒へ。
つかまらせたとたん脚をすくめ「おとーさん、おとーさんっ!」と叫び出した。
どうやら高すぎて怖いらしい。
「大丈夫、大丈夫。ちゃんと着地できるから。がんばって。」と笑って見ていると、必死につかまっていた手がとうとう鉄棒から離れた。
うまく両足で着地したかに見えたがすぐに後へのけ反り、後頭部を打った。
あわてて駆け寄って抱き上げると鼓膜が破れそうな大声で泣き出した。
頭を見てみたが怪我は無いらしい。
「悪かった、悪かった。もうおかーさんのところへ帰ろうか。」
そう言うと、しゃくりあげながら「もう一回やる!」と言う。
おお!たのもしいじゃないか。

ほのかなる空の匂ひや秋の晴 虚子

Vyu096.jpg

FC2 Blog Ranking

テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

「大黒屋」

ウチの屋号は「大黒屋」。
電話会社からの電話があり「オオグロヤさんでよろしいですね。」と言う。
農協の待合でも「お待たせしました、オオグロヤさん。」と呼ばれた。
そうか、この頃は「オオグロ」の方がポピュラーなのか。
さぞかし大黒天も悲しんでいることだろう。
「ウチはダイコクヤです。」といちいち言わなければならないのが情けない。。

露人ワシコフ叫びて石榴打ち落す 三鬼

FC2 Blog Ranking

テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

チビの熱

チビの熱が少し下がって元気が出てきた。
食欲もある。
明日、病院へ行って先生のOKが出れば保育園に行ける。
病気の間はあれこれと手をかけて甘やかすので、元気になるとそのまま甘え癖がついて生意気になる。
ちょっと叱ると大声で泣き出してもう手に負えない。
慰めるとまた調子に乗ってはしゃぎ出す。
コノヤロー。

草山に馬放ちけり秋の空 漱石
anpan.jpg

FC2 Blog Ranking

テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

おたふくかぜ

よーし、一日十句つくるぞー!と意気込んだ、が。
初日が十句、二日目が八句、昨日は三句。
どうがんばってもそれ以上は無理だった。
いつでも俳句モードに切り替わるように意識しているのだが。
こっちが俳句に熱を上げている間に、今度はおたふくかぜのチビの熱が上がってきてしまった。
三十九度あたりでふーふーいっている。

鶏頭やおのれひとりの秋ならず  井月

FC2 Blog Ranking

テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

やったね!

シアターブルックのニューアルバム!
やったー!カッコイイ!
これ、最高傑作じゃないの?
まるで登りつめた高い山頂から朝日を眺めているような気持ちの良さ。
政治的なメッセージも結局は大きな意味でのラブソングだと思える。
メロディーもアレンジも一流。
こんなにストレートに何かを訴えることの出来るバンドって今いないのでは。
貴重な存在だと思う。

つきぬけて天上の紺曼珠沙華 誓子
rtrwtrt.jpg

FC2 Blog Ranking

テーマ : 気になるアーティスト
ジャンル : 音楽

チビがおたふくかぜ。
熱はあまり高くないので比較的元気。
それよりも俺の歯だ。
奥歯を少し削られた。
幼なじみの歯科女医だが、なかなか荒っぽい(色っぽいならよいのだが、まあ、でも、美人女医)
気が遠くなるほど痛かった。

蜩や硯の奧の青山河 楸邨

FC2 Blog Ranking

テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

そんなあぁ

銀化9月号が届いた。
「おとーさんの俳句、何だかどんどん難しくなってくるね。」
「俳句をはじめた頃の方がもっとわかりやすくて良かったのに。」
「こんな俳句、わかんない。」と妻。
えーっ、そんなあぁ。

銀匙に景のあつまる避暑地かな 露結
efwe.jpg

FC2 Blog Ranking

テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

ふたたび、秋刀魚

「今日も秋刀魚でいいよねっ。」
言い捨てるようにして妻はすたすたと出掛けてしまった。
どうも昨日から機嫌が悪い。
理由はつまらないことではあるが、こちらは黙ってじっと我慢。
「秋刀魚、よろしくお願いします。」

火だるまの秋刀魚を妻が食わせけり 不死男

san.jpg

FC2 Blog Ranking

テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

焼酎ボトル

半田市のとある店で見つけた陶製ボトル。
何だろうと手に取ってみると焼酎ボトルと書いてある。
いいじゃないですか。これ。
いつも瓶や紙パックのままだがこれに入れて飲んだらお洒落だし、おいしく飲めるかも。
今日は韓国家庭料理の店で買ってきたキムチもあるし。
さて、何のレコードかけようか。

箸おいて居睡る癖や秋の風  百

botoru1.jpg

FC2 Blog Ranking

テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

秋味

ようやく涼しい朝。
このところの暑さは異常と思えるほどだった。
妻と飲んだのは「秋味」というビール。
いささか飲みすぎの顔に心地よい風。

秋風やくわらんと鳴りし幡の鈴 素十

FC2 Blog Ranking

テーマ : つぶやき
ジャンル : 小説・文学

白鵬

白鵬が負けてしまった。
気負いすぎなのか、どうも動きが硬いんだよなあ。
相撲の勝負は一瞬で決まる。
その為に普段から鍛錬しておかなければならない。
たいへんなことである。
俳句にも同じようなことが言えるかもしれない。
あれこれいじくりまわした句より案外すんなりと口をついて出来た句のほうが
句会で○をもらえたりする。
やはり普段の鍛錬か。
ま、気負わずに。

脱すてゝ角力になりぬ草の上  太祗

makn5.gif

FC2 Blog Ranking

テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

吉田一休来日

10月7日に吉田が下北沢でライブをするらしい。
ついでにCDも出すらしい。
http://www.19sun.com/
相変わらずの吉田ワールド。
どこへ行っても吉田は吉田。
そういう気持ち良さが好きである。
東京までは見にいけないからなあ。
花でも贈ってやろうか。

わが唄はわがひとりごと露の秋  万太郎

kanban2.jpg

FC2 Blog Ranking

テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

秋刀魚

秋刀魚が百円になったと言って妻がスーパーへ急いだ。
ここ数日毎晩秋刀魚だ。
まあ、好きだからいいけど。
この季節、佐藤春夫の「秋刀魚の歌」を思い出す。
秋刀魚は庶民の味。
どことなく郷愁があるのは腸の苦味の所為だろうか。

横たはる秋刀魚無念の苦味かな 露結

駄目だな、こりゃ。

FC2 Blog Ranking
sanma1.jpg

テーマ : 詩・唄・詞
ジャンル : 小説・文学

アンパンマン

我が家には「アンパンマンと仲間達」がたくさん住んでいる。
ある雑誌に作者の「やなせたかし」氏が載っていた。
へぇー、こんなおじいさんなんだ。
もっと丸々としたアンパンマンみたいな人かと思っていた。
『手のひらを太陽に』の作詞者でもあるらしい。
ふ~ん。

ほろほろと生きる九月の甘納豆 稔典

anpanman.jpg

FC2 Blog Ranking

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

うなぎ

岡崎の「はせべ」へうなぎを食べに。
妻は「まぶし丼」、俺は「うな重」。
注文が来るまで「はせべオリジナルせんべい?」を齧りながら待つ。
やっぱりここのは美味い。
三十分並んだ甲斐があった。
美味いものはどうしても一気に食べる癖がある。
自分の分を食べ、ダイエット中の妻の残した分も食べた。
汗をかきかき食べ終え、店を出るとすっかり秋の風。

とんぼうや飯の先までひたと来る 召波

ha2

ha1


FC2 Blog Ranking

テーマ : これは美味い!!
ジャンル : グルメ

ダイエット

妻がイライラしている。
腹が減っているのだ。
迷惑なダイエットである。

草の戸に我は蓼食ふ蛍哉  其角

hagiu
我が家の庭の萩芒

FC2 Blog Ranking

テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

二日酔い

完璧な二日酔い。
心なしか、妻がつめたい。
荷物を提げたあと指がへこんだまま元に戻らない。

この秋は何で年寄る雲に鳥  芭蕉
yuert


FC2 Blog Ranking

テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

今夜ライブです

今日はインテルサットでライブ。
お時間あれば来てやってください。

椿の実。
こうやって眺めると果物みたい。
花が散って実を結んで...。
そうやって繰り返し繰り返し命をつないで行く。
人間は死ななきゃならないが...。

椿の実むかし激しき恋ありて

う~む、もう一歩、か。

awraf


◇やまち庵ライブ情報◇
9月3日() 吉良町インテルサットJAZZ CLUB

FC2 Blog Ranking

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

秋晴

からっと晴れて良い日である。
どこかに出掛けてみたい気分だ。
しかし...。
「其の外は俳諧と庭いぢり、何も所在がなくてこまりやす」 (浮世風呂4)

wae

◇やまち庵ライブ情報◇
9月3日() 吉良町インテルサットJAZZ CLUB

FC2 Blog Ranking

テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

精神年齢

雨のせいか、涼しくて気持ちのよい朝だった。
夏の着物は洗いに出して今日からは木綿の着物。
今月、誕生日を迎える。
いよいよ不惑の年齢に差し掛かって来るわけだが、かろうじてまだ三十代。
世間では三十代なんてひよっ子。
でも平均寿命が短かかった昔なら立派な大人だったのだろう。
精神年齢を言えば今は昔に比べるとずいぶん低いんじゃないかな。
正岡子規は享年三十六歳。
信じられない若さだ。
何やってるんだ、オレ。という感じである。
まあ、歴史に残る天才と比べたってしょうがないけど。

迷宮を出でて年よる秋の蝿  中原道夫

かっこよく歳を重ねたいものです。
hrti

◇やまち庵ライブ情報◇
9月3日() 吉良町インテルサットJAZZ CLUB

FC2 Blog Ranking

テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

リンク
ブログ内検索