スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そういうもの

花粉症とは縁がないと思っていたが。
朝から鼻と喉がぐずぐずする。

親父の希望で、今までに作った親父の俳句をあつめてパソコンに打ち直している。
親父はどこかに所属したり投句したりすることなく自分勝手に作っている。
ものすごい量だがほとんどは笑っちゃうような句。
「俳句はいいなあ。句を見れば作ったときの情景がすぐに目に浮かぶ。」
「このときの酒はうまかったなあ~。」
などと一人で回想して喜んでいる。
本来、そういうものなのかもしれない。

其角忌やあらむつかしの古俳諧 霞村

スポンサーサイト

佐久島

rrr

今日は朝から佐久島へ。
三河湾で一番大きな島ではあるが産業もなく観光開発もされなかったためタイムスリップしたような昔の景色がそのまま残っている。
126ghh

人口は100人に満たない。
ほとんどが高齢者だがここ数年、リタイア世代のIターンというのでここへ移り住む人が多いとか。
eee3

時間が止まったような雰囲気はのんびりするにはもってこいの場所。
662ertey

食堂「ゆきや」で店主おすすめのカキ丼とビール。

春の海ひねもすのたりのたりかな  蕪村

見~つけた

20070226072351
あったあった。
福永耕二の句集、随筆、評論などがびっしり詰まった一冊。
これは読みごたえがあるぞ。
表紙もブルースのレコードジャケットみたいでカッコイイぞ。

パン屋の窓いつも曇れり春嵐 耕二

地球人

rrrrrrr3

息子のウルトラマンの本に登場した怪獣ケプルス。

うつくしい ほしぞらをよごす
ちきゅうじんを こらしめるために
うちゅうから ケプルスが
やってきた

とある。
ウルトラマンが本当にやっつけなければならないのは地球人か。

亀鳴くや皆愚なる村のもの 虚子

ROUND ABOUT MIDNIGHT

20070224060707
マイルス・デイビス。
疲れているときはそんな気分になる。
グラスを傾けながら寺山修二を斜め読みしたりして。
酔いがまわってくると浅川マキに。
最後は森進一になる。

レコードを手当たり次第春愁ひ 露結

多佳子

この「奈良俳句会」は驚異そのものであった。
何しろ冬は三人が三方から炬燵に足を入れて句作をする。
疲れればそのまま睡り、覚めて又作ると云う有様である。
(俳句研究3月号)

三鬼、青塔とともに奈良句会を立ち上げたときのことを橋本多佳子はそう語っているらしい。

へえ~、ほ~、ふ~ん。
今度の休みは図書館にでも籠もってみようか。
しかし、三鬼と多佳子と聞くとどうしてもイヤラシイ想像をしてしまう。

関西逃れたしや妊み猫とも寝る 三鬼
ghhhhh

どくだみ

20070222113030
口内炎が治りかけるとまた別の場所に。
今度は喋るのもままならないほどの大物。
人に「どくだりみ茶飲めば一発で治っちゃうよ。」
と言われ、試してみる。
一発だった。

春の山うしろから煙が出だした 放哉

風に吹かれて

ボブ・ディランはカッコイイ。
日本のフォークソングも彼のイミテートからはじまった。
40年以上経っても彼のメッセージが古くならないのは40年経っても世の中がいまだに同じ問題を抱えているということか。
答えは、風の中...。

春の沖へ叫ぶ根のある巖に立ち 三鬼

反省

酔っ払ってべッドの角で足をぶつけた。
痛かったがそのまま寝てしまった。
足から血が流れ出して布団がべとべとになる夢を見た。
朝目が覚めると血は出ていなかったが小指のつめが真っ青になっていた。

些細なことで妻と口論に。
すると、もうとっくにオムツの取れている息子が「でちゃった~。」と半泣きで床におしっこを漏らした。
慌ててズボンを脱がすとウンチもちょっと。
そうか、子供は敏感なのだ。
反省...。

踏みつぶすクレヨン愛し春の土 兜子



ダーティー・サーティーズ

ロデオ3周年記念ライブ。
相変わらずの雰囲気で盛り上がっていた。
15人の大所帯バンド、ダーティー・サーティーズはようするに汚い30代。
上のほうはすでに40代に差し掛かっている。
dadadad

年をとっても変わらないでいられるというのは大切なこと。
fsfsrw


あけし木戸閉めておぼろにもどしけり 万太郎

口内炎

口内炎ができている。
醤油がしみる。
熱いものが食べにくい。
チョコラBBにお願いするか。
酒、やめればすぐ治るんだけど。

hsdf

俳句研究3月号の小川軽舟さん「湘子と作った五十句」の文中で、師湘子とのやりとり。

湘子から気合を入れられた。「二た晩くらい徹夜してできるだけたくさん作ってこい。一読ハッっとするような句を作れ。自分で篩にかけずに全部送ってよこせ。」

とある。
ふ~っ。そうやって作るんだ。

おぼろ夜の鬼ともなれずやぶれ壷 楸邨

伏見人形

ufgjvjfjjg

伏見人形をもらった。
息子に少し似ている。

ゆうべは鯖の味噌煮。
結婚した頃はほとんど何も料理が出来なかった妻がこの頃急にレパートリーを増やしている。
ありがたいが、いったいどういうことなのか。

春寒し水田の上の根無雲 碧梧桐

春一番

一日中ものすごい風だった。
飛べるかと思った。

商店街の会合。
行政から「50年後の町の将来を見据えた地域作りの長期ビジョン~商店街の活性化の方策。」という提案。
???
「おい、この中で50年後にまだ商売やってるやついるか?」と某氏。

春一番二番三番涅槃西風 基吉

クリームソーダプレゼンツ

懐かしの「ブラック・キャッツ」。
ひさーしぶりに聴くと心地よい。
中学生の頃にはこれを聴いて坊主頭でイキがっていたもの。
ロカビリーファンというのはいつの時代にもいて消えない。
考えてみればプレスリーの登場がポップミュージックのルーツだもんなあ。
ey7iii

俺はいつの間にか俳句男になってしまったが、友人のロカビリーバンド、「プレジデンツ」は今も元気にやってるだろうか。
来月、ミッキー・カーチスが吉良の「ロデオ」に来るらしい。

空へ向け放つ音楽雪解村 剛一

クリックお願いします↓
FC2 Blog Ranking


ウルトラマン

8盤レコード。
これで息子とウルトラマンを熱唱。
ウルトラマン誕生から40年。
今も子供達を夢中にさせているのはスゴイ。
バレンタインのチョコレートを妻からもらったが息子のほうは特大。
俺のは...。
ま、そんなもんでしょう。
uru

春星のあたりの夜気の鮮しき 蛇笏

クリックお願いします↓
FC2 Blog Ranking

ホリデー

trw

ビートルズのリボルバーをB面から。
今日はなーんにも予定がないので朝からボーっ。
平和鳥は順調に水飲み運動を繰り返している。
「これ、どう?」と妻に言うと
「へぇ~。」とのみ。

亀鳴くや水を絶やさず平和鳥 露結

クリックお願いします↓
FC2 Blog Ranking

ハッピーバード

「平和鳥」。
水を絶やさなければ半永久的に動き続けるというレトロフューチャーな発想から生れたオモチャ。
こんなもの今でも売っているんですねぇ。
さあこれで一句、出来るか???
tttew

鶯の身をさかさまに初音かな 其角

クリックお願いします↓
FC2 Blog Ranking

子供

朝、仏壇の蝋燭に火をつけると息子は
「ハッピバースデーツーユー♪」と歌い出す。
手を合わせると
「おはようございますっ。今日も一日楽しかったですっ。おやすみなさい。」
...。
まったく子供というのは。

鞦韆を漕ぐとき父も地を離る 狩行

クリックお願いします↓
FC2 Blog Ranking

シツコイ

ゆうべは酒を飲まずに早く寝た。
息子と一緒に寝るつもりが息子よりも早く寝てしまったようだ。
今回のものもらいはなかなかシツコイ。

石鹸玉格子も抜けず消えにけり 龍雨

クリックお願いします↓
FC2 Blog Ranking

ものもらい

ものもらいがさらにひどい状態に。
先日サウナに入った後、痛いのを我慢しながらタイ古式マッサージなんてのをしたのがいけないと妻に言われた。
へたくそなマッサージはかえって疲れるんだとか。
体もだるいし、何となく気分も冴えない。
さすがに今日は飲まない方がよいだろう。

俳句は言葉との出会い。
偶然ばったり出会うこともあるし、こちらから会いに行くこともある。
ともかく出会った言葉を十七文字の中に放り込んでシェイクしてみる。
うまく形になる時もあるし、ならない時もある。
そんな作業を日々繰り返しているだけ、と思うこともある。
俳句をはじめてしばらくすると必ず壁に突き当たる、と言った人がいたが自分にとっては毎日が壁。

春の雷弱音を吐いて失せにけり 道夫

クリックお願いします↓
FC2 Blog Ranking

駆け出し

右目がものもらい。
飲み過ぎか。
少し疲れているのか。
強迫観念、とまでは言わないが俳句を作らなければという思いはいつもある。
これも踏ん張りどころ。
まだまだ駆け出しではないか。

新日記わが死記すはどのあたり 火童

クリックお願いします↓
FC2 Blog Ranking

陽気

あたたかい日が続いている。
早くも春本番のような陽気。
あまりにも伸びすぎていた息子の髪を切ってやった。
髪が短くなったら何だかさらに顔がまん丸だ。
やっぱり食いすぎか。
子供はよく食べて元気なのがいいが、肥満には気をつけなければ。

白梅のあと紅梅の深空あり 龍太

クリックお願いします↓
FC2 Blog Ranking

相撲大会

息子を連れて夕方から児童センターへ。
ここにはマットで作った土俵がある。
「よし、はっけよいやるか!」
と二人で相撲を取っているとみんなが集まってきて相撲大会になってしまった。

水温む杭を離るる芥かな 百

クリックお願いします↓
FC2 Blog Ranking

選挙

愛知県知事選挙へ投票に。
とりあえず、どんな選挙でも投票へは行くことにしている。
大人だから...。
でも政治のことはよくわからない。
というより、出来れば無頓着でいたい。

亀鳴くや夢は淋しき池の縁 百

クリックお願いします↓
FC2 Blog Ranking

菜の花

ゆうべは菜の花の天ぷらだった。
美味かった。
ガスコンロを買い換えて一番良かったのは天ぷらが上手に揚がるようになったこと。
菜の花は天ぷらがいい。
お酒も美味い。
立春。

菜の花や月は東に日は西に 蕪村

クリックお願いします↓
FC2 Blog Ranking

京都、その後

雪で新幹線が遅れていた。
京都に着いてからもチラチラと雪。
京に春の雪。
「さあ、俳句を作れ。」と言われているようだった。
こんな取ってつけたような風景に出くわしても...。
それに今回は仕事。
とりあえず、気になったことを手帖に書き付ける。
家に帰ってから、箇条書きになっている言葉をパズルを組み合わせるように俳句にしていくのも面白いかも。

春の雪青菜をゆでてゐたる間も 綾子

クリックお願いします↓
FC2 Blog Ranking

京都

今日はこれから仕事で京都。
子供をババに預けて妻と二人。
もうすぐ立春。
何となく気分も春めいている。

寒晴やあはれ舞妓の背の高き 晴子

クリックお願いします↓
FC2 Blog Ranking

焼きソバ

妻は焼きソバ名人である。
高校生の頃お好み焼屋でバイトをしてたことがあるんだとか。
お好み焼と焼きソバの関係は鉄板つながりか。
しかし何故か「焼きソバ屋」とは言わない。
個人的には焼きソバ派である。
iyyiff

春の灯や女は持たぬ喉仏 草城

クリックお願いします↓
FC2 Blog Ranking
リンク
ブログ内検索