スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい

このところ、句集が概しておもしろくない。ありきたりな俳句が多いのだ。(中略)
俳句は新しくなければならない。俳句は大胆でなければならない。
俳句は独自でなければならない。
ところが、表現にそつのないうまいだけの俳句が多すぎる。
(坪内稔典 日刊この一句 2007年6月7日 )

確かにそうだろうけど...。
新しいだけで薄っぺらな句というのもあるわけだから。
ま、駆け出しの俺が言うことではないけれど...。

甘納豆六月ごろにはごろついて 稔典

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブログ内検索