スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イクラさん

イクラ氏より句集が届く。
年が近いので彼には一方的に親近感を持っている。
向こうは何とも思っていないと思うが...。
郁良と書いてイクラと読むとは新年会のときに知った。
彼が連れていた教え子の男の子が「僕、明日誕生日で二十歳になるんですよ。まだ十九ですけどビール飲んでもいいんですかねぇ。」と言っていたのをおぼえている。

遇ふ人の語尾うつくしき清水かな 郁良

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブログ内検索