スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

困った

絵本作家、宮西達也の講演会が町の図書館で行われたので息子を連れ行った。
「おまえうまそうだな」
という絵本の読み聞かせのとき、途中から涙が出そうになってしまったので、ずっと横を向いてよそ事を考えていた。

団栗を拾ひしあとも跼みゐる 郷子

テーマ : 文学・小説
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宇宙のみなしご (フォア文庫)

こういう作品はあらすじや読みどころを書いてしまうと、楽しみが半減するので止めておきますが、遅ればせながら先日読んだ恩田陸の「夜のピクニック」を思い出しました。本作は主に中学生の視点を通して描いているので、若干全体的に軽めで、その分作者の手際の良さが際立...

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブログ内検索