スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリビアリズム

セレクション俳人「岸本尚毅集」届く。
なるほど、軽舟さんはこれを読んで書いていたのか。
句集「鶏頭」の波多野爽波の序文より

もっと自然そのものに即した句、トリビアリズムと紙一重の差で良き俳句として踏みとどまっている句などをこそ、賢明なる読者は充分に読み取って頂きたいと思う。

「トリビアリズムと紙一重」。
これが一番むずかしいのではないかと。
でも本当の俳味はそこにあるような気がする。
ある意味、週刊俳句の「サバービア俳句」という発想も原点はそういうところにあるのでは、と思ってみたりする。

赤ん坊つめたき葱をつかみをり 尚毅

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブログ内検索