スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おお!

おたふくかぜの治ったチビを連れて公園へ。
鉄棒につかまらせるとストンと上手に着地する。
「おお!出来るじゃないか。」
それではと、隣の高い鉄棒へ。
つかまらせたとたん脚をすくめ「おとーさん、おとーさんっ!」と叫び出した。
どうやら高すぎて怖いらしい。
「大丈夫、大丈夫。ちゃんと着地できるから。がんばって。」と笑って見ていると、必死につかまっていた手がとうとう鉄棒から離れた。
うまく両足で着地したかに見えたがすぐに後へのけ反り、後頭部を打った。
あわてて駆け寄って抱き上げると鼓膜が破れそうな大声で泣き出した。
頭を見てみたが怪我は無いらしい。
「悪かった、悪かった。もうおかーさんのところへ帰ろうか。」
そう言うと、しゃくりあげながら「もう一回やる!」と言う。
おお!たのもしいじゃないか。

ほのかなる空の匂ひや秋の晴 虚子

Vyu096.jpg

FC2 Blog Ranking

テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブログ内検索