スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんて

例えば芭蕉の古池が水流の滞った濁った汚い古い池、だとしたら、それは当時マンネリ化していた俳諧(談林?)に対する暗喩だったりして。
蛙は芭蕉自身。
古池に一石を投じるがごとく、自らの身をもってポチャーンと大きな音をたててみた...。
なんて、たわごとであります。

うかれける人や初瀬の山桜 芭蕉

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブログ内検索