スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畳の上にあった本に躓きそうになった妻は「こんな所にこんな分厚い本、置いとくな!」とその本を投げ付けた。
山本健吉の『定本 現代俳句』だった。
妻、妊娠六ヶ月。

町空のつばくらめのみ新しや 草田男

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブログ内検索