スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テキトーな

何でもない仕種や行動を書き留めてみる。
歳時記をぺらぺらめくりながらそれにテキトーな季語をつけてみる。
たとえば、ライターを探していた...。

ライターを探してゐたり暮の春

靴を買った...。

夏近し運動靴を買いにけり

妻が買い物から帰ってきた...。

菜の花や買物袋提げて来し

こんな風にすればいくらでも俳句らしきものは出来るんだけど...。
さて、駄目なんだろうなあ。きっと。

春の暮家路に遠き人ばかり 蕪村

コメントの投稿

非公開コメント

この域に達するまでが大変なんですよ。
コレができるあなたは「俳人!」

忍様
えー、そんな。
でもこのつくり方、おもしろいですよ。
一度お試しあれ。
リンク
ブログ内検索