スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いやいや

「一日十句」21

ひとりごと聞こゆる壁や秋の雨
をりとりて蛇笏の芒思ひけり
秋の灯や乳を吸ふとき目をつぶる
日のさして赤子目覚むる鶏頭花
秋風の耳押へると鳴りにけり
空港の異国めきたる秋夕焼
赤い羽根赤い鳥など思ひけり
初鴨のまた退屈をはじめけり
父と子に智恵の輪解けぬ暮の秋

俳句俳句
(2008/05/21)
ジューサ

商品詳細を見る

勇気を振り絞って衝動買い。
いやいや、どーしてどーして。
週刊俳句「落選展」にて拙句、掲載させてもらってます。

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブログ内検索