スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなにも

「一日十句」28

冬に入るトラック曲がるとき喋る
郵便物妻が受け取り冬に入る
初時雨厨の窓を曇らせて
冬耕の手を止め金歯見せて笑ふ
いつのまに時雨となりぬ喫茶店
音立てて紙袋より冬林檎
冬ざれや薄くなりたるリーゼント
おでん酒犬の待たせてありにけり
大マスク妻とは知らず過ぎにけり
すが漏りや眠るとき歯を食いしばる

赤ん坊がいるとこんなにも自分の時間がないのかと。

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブログ内検索