スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東西句会

二村典子さんに誘われて「東西句会」へ。
銀化以外の句会に出るのははじめてかも。
句会が始まる前にちょっと時間があったので名古屋市美術館「ピカソとクレーの生きた時代展」を急ぎ足で。
これは、妻も見たいと言っていたので、見に行った事はナイショにしておこう。
句会後、典子さんと歌人の荻原裕幸さんと三人でコーヒーを飲みながら俳句談義。
忙しがっていないでたまには人と会って話をしないと、と思う。

コメントの投稿

非公開コメント

このお二人との付き合いは財産になると思います。
いい俳句仲間になるといいですね。
ますますのご健吟を期待しています。

加藤哲也さま

俳句を通じていろんな人と出会えることはとてもうれしいです。
哲也さんの話もすこし出てましたよ。
体調、いかがですか。

加藤哲也です
結構みなさんに心配いただいているようですが。
あまり変化なしという感じで、
心配は心配なのですが、様子を見ていくしかないかと思っています。これからは少しのんびりやりたいなあ。しかし、仕事も風雲急を告げていますから・・・そうも言っていられないかも・・・というような感じです。まあ楽はさせてもらえないのでしょうね

哲也様

仕事をしながらの執筆活動、あいち俳壇の選句など本当に大変だと思います。
私から見れば超人的です。あまり無理をなさらないように。

とんでもないこと

とんでもない・・・私なんぞ、なんとかの屁(石井君)のようなものです。最近、元気もなくて句もさっぱりですしね。私に言わせれば露結さんの八面六臂の活躍こそ、まさにK-20ばりの神出鬼没ぶりと感嘆しています。

哲也様

「K-20ばりの神出鬼没ぶり」、ありがとうございます。がんばります。
リンク
ブログ内検索