スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲しいなぁ

ウチは呉服屋だから着物の話をすると、着物にも一応古典柄と現代柄みたいな大まかな区分けがある。
古典柄は流行り廃りに関係なく昔から変わらない。まあ、着物の王道。今もこれを好む人は多い。もっとも古典柄を模した安っぽいプリント物も多く出回ってはいるが。
一方、現代柄は特に振袖や浴衣なんかだとよくわかるんだけど、今どきのデザイナーやタレントのブランドなんかがあって、これが着物の柄かというような奇抜なもの、意表を付くような柄もたくさんある。
どちらを選ぶかはあくまでも好みなんだけど、問題はそもそも着物を着るという行為自体がマイナーなもの、現代生活にそぐわないものになっているということである。
この着物、嵌るとなかなか楽しいしやめられないんだけど着物を着ない人から見れば古典柄だろうが何だろうが着物はキモノ。カンケーないんだろうと思う。一部のマニアックな人たちのもの、おじさんおばさんたちのもの、というふうに映るだろう。
だからどうしたということでもないけど...。
どこか、俳句に似ていなくもない。

ちなみに銀化主宰の着物は奇抜な古典といったところか。
まあ、ハイレベルなセンスの持ち主であることは間違いないだろう。

さて、来年はどんな年?
大不況が俳句を変える?か?なんて。
欲しいなぁ。
「ラムちゃんカレンダー」

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブログ内検索