スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これ以上

ジョージ・サラグッドは草野球チームのユニフォームを作るための資金稼ぎが目的でバンドを組んだのだという。(アメリカっていい国です)
レパートリーは古典的なロックン・ロールやブルースのカバーが多く、オリジナル曲が極端に少ない。
そのことについてジョージは「チャック・ベリーがいい曲をすべて作ってしまったので、これ以上作る必要がない。」と語ったらしい。
...。

たとえば、「芭蕉がいい句ををすべて作ってしまったので、これ以上作る必要がない。」と置き換えてみる。


George Thorogood I Drink Alone

同曲異演

俳句は、俳優ならぬ俳人が季題という演目の「同曲異演」を競っているのではないでしょうか。
(岸本尚毅 「俳句の力学」)

ふむふむ、なるほど。

スポーツ説

「写生」の一事をとってみても、これをスポーツの練習をつかむがごとく、ものに即して反射的に対応できるような己が「体力づくり」と割り切って実行する若者が出てきてくれないものか。また古今の名句をあたかも単語カードで単語を憶えるかのごとくに、旺盛な記憶力をフルに働かせて、頭いっぱいに詰めこんでしまう若人が出てきてくれないものか。
(波多野爽波「俳句スポーツ説」昭和六十年十二月増刊『俳句年鑑』 岸本尚毅著「俳句の力学」より)

たぶん、あの高校生達はこれを実践しているんじゃないかと。

俳句の力学

アマゾンで「俳句の力学」を注文したら著者の岸本尚毅氏から直接届いた。
自分で出品していたということか。
よくわからないが、ちょっとうれしい。

ただ

俳句の未来?
結社滅亡?
ふ~む。
ただひたすら自分のためだけに作る、だよね。

雪の日やアフガニスタンからルビー 露結

はーっ

どんな句集がどこで、どういう人たちの間で、どの程度話題になっているのかは地方に住んでいる限りわかりづらい。有名俳人の句集でも入手が難しいものもあるし。
とりあえず、総合誌やブログで紹介されていて面白そうなものの中から書店やネットで購入可能なものをあれこれ買ってみる。
けっこうな出費。
本棚を整理しろと妻にイヤミを言われるし。
はーっ。
みんな、どうしてるんだろう。
なにやってるんだろう、オレ。

タトゥー

シャツ着てるのか、みたいなタトゥー。

成人の日の刺青を纏ひけり 露結

このあたり

おんつぼ」担当してます。
高校生のときはこのあたりもよく聴いてた。


ARB / ウィスキー&ウォッカ

リンク
ブログ内検索